働きながら通える通信制高校は高校中退の女性に最適

高校中退女性のキャリアアップを考える

高校を卒業していなかった女性がキャリアアップを目指すには、高卒認定が必要になることが多いです。
皆さんが通う学校と言っても、様々な学校があります。
普段の時間帯、すなわち朝から登校する全日制高校、午前中は働いて、午後や夕方から登校する定時制高校などがあります。
だが今回紹介するのは、全日制高校や定時制高校などのようにわざわざ学校に登校する必要のない「通信制高校」を紹介します。

働きながら通える通信制高校とはなにか

通信制高校とは、メインとしては家などで勉強するスタイルのことを言います。
家や学校に設置されているコンピューターを通じて勉強し、単位試験の時だけテスト受けに登校します。
そして、単位を取得して高校を卒業する条件を満たして卒業するという、変わったらスタイルの高校なのです。
このような学校に登校する条件としては、一度高校を中退してしまった人や、高校に行くことができなかった人たちが通う学校となっています。
基本的に通信制学校は、定時制学校と似ていて、4年で必要単位数を修得して卒業することが可能なことがとても多いです。

費用は年間20万円ぐらい

これらの高校は専門学校とスタイルが似ていると言われています。
入学金は、普通の高校よりも安いことがほとんどです。
入学金が数百円で、授業料が1年で1万円24万円程度。
単位当たり数千円というのがほとんどです。
市立になってくると、また少し高くなるようです。
公立の場合は値段が安い分、自力で学習し、レポートなどを提出しないといけないので、しっかり1年の時からコツコツやっていかなければ3年で卒業することは難しいのです。

通いやすい通信制高校を選ぶと良いでしょう

どちらにしても卒業をしたら高校生卒業という資格は変わりありません。
なので、しっかり自分に合った通信制高校を選ぶのが、ポイントです。
学校のパンフレットなどをよく読んで、分からないことは高校に問い合わせたりなどをして、充実した高校生活を送りましょう。