薬剤師を選んだ女性の将来設計と働き方について

薬剤師になる為にはどうすれば良いのでしょう

薬剤師になりたいけれど、どうすれば良いのか分からないと悩んでおられる方はいらっしゃいますか。
今日はそんな方の為に薬剤師になる方法について、簡単にご説明させて頂きます。
薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受け、合格しないなることは出来ません。
ではこの国家試験を受けるにはどうしたら良いのでしょう。
薬剤師国家試験の受験資格は、6年生の大学の薬学部で正規に薬学をしっかりと学ぶことにより得ることが可能になります。
この資格を得てから、就職活動をするということになります。

薬剤師の就職先には色々あります

また薬剤師の就職先、というと病院を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。
ですが薬剤師には病院の他にも就職先があります。
今日は薬剤師の就職先について簡単にご説明させて頂きます。
まずあげたいのは薬局やドラッグストアです。
薬局では主に院外処方をすることが多く、薬を手渡す際に薬の服用方法や考えられる副作用、注意点などについて患者さんに説明をしたりもします。
ドラッグストアでは市販薬の説明や、症状に合わせた薬の選択等を行うのが主な業務です。

企業へ就職する薬剤師さんも多いです

次にあげたい就職先は医薬品関連の企業です。
ここでは新しい薬の開発が主な仕事になっており、時折営業も行います。
給与面や労働条件において、他の就職先よりも優遇されることが多い為、人気の就職先になっています。
最後にあげたい就職先は学校です。
幼稚園や小学校、中学校、高校には薬剤師を校内に置くことが義務付けられています。
飲料水の管理や、各施設の衛生状況などを衛生管理者として管理することが薬剤師の主な仕事です。
いかがでしょうか。
就職する際の参考にされてみて下さい。